<< 雑記帳 早くも節分にちなんだ「鬼ダイバー」 山口(毎日新聞) | main | 「基地検討委の結果待つ」と沖縄知事=宜野湾市長「県外移設に弾み」(時事通信) >>

スポンサーサイト

  • 2011.04.20 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


敗北受け「日本らしい保守」掲げる=新綱領を採択−自民(時事通信)

 自民党は24日の党大会で、「2010年綱領」を採択した。「衆院選敗北の反省」に立ち、「日本らしい日本の保守主義を政治理念として再出発したい」と宣言。小泉政権下での構造改革路線が、一部で行き過ぎた市場原理主義と批判を受けたことを考慮し、現綱領にある「小さな政府」に代え、「すべての人に公正な政策を実行する政府」を目指すとした。
 1955年の結党時に策定した綱領の改定は、河野洋平総裁当時の95年、立党50周年の05年に続き今回で3回目。同党では、過去の綱領も有効としており「4綱領が併存する」(事務局)と位置付けている。
 新綱領は、「保守主義」について「時代に適さぬもののみを改め、維持すべきものを護り、秩序のなかに進歩を求め、国際的責務を果たす」ことと定義。「将来の納税者の汗の結晶の使用選択権を奪わぬよう、税制改正により財政を再建する」と、財政再建を重視する姿勢も打ち出した。
 一方、新綱領は、民主党政権への対決姿勢をむき出しにしているのも特徴。「政治主導という言葉で意に反する意見を無視し、与党のみの判断を他に独裁的に押し付ける国家社会主義的統治」と断じ、「日本の主権を危うくし、『日本らしい日本』を損なう政策に対し、闘わねばならない」と強調している。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

<無理心中>妻と子供2人死亡 夫を殺人容疑で逮捕 大阪(毎日新聞)
浄霊代など650万円、TV人気霊媒師らを提訴(読売新聞)
介護従事者の給与、9000円上昇=09年度報酬改定で実態調査−厚労省(時事通信)
山口組淡海一家の幹部ら8人逮捕 滋賀県警(産経新聞)
鳩山元総務相に説明求める=母親からの資金提供−自民の大島氏(時事通信)

スポンサーサイト

  • 2011.04.20 Wednesday
  • -
  • 14:58
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
sponsored links
リンク
競馬情報
携帯ホームページ
探偵事務所
無料ホームページ
クレジットカード現金化 比較
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
借金整理
ブラック キャッシング OK
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM